マイクロスコープ・画像処理ソフト開発・ハイスピードカメラのセルミック

お電話でお気軽にお問い合わせください。077-516-4755
トップページ » 会社紹介

会社紹介

会社情報
会社紹介

株式会社セルミック
代表取締役 森下 季一

株式会社セルミックは、2010年4月に資本金300万円で株式会社を設立。
2011年3月には、資本金1000万円に増資しました。
2011年には『滋賀県立草津SOHOオフィス』に事務所を構え、現在社員7名、売上2億円を達成しています。
2011年11月には他社では扱えない当社独自の超高倍率レンズの新規性が認められ『経営革新計画企業』の承認を得ることが出来ました。
また、2012年10月には滋賀県事業可能性評価『めきき・しが』にてAランクの評価(最高評価)を受けることが出来たなど、当社の技術や独自性の高い商品開発は、確実に評価を得ました。

当社の理念は『ブルー・オーシャン』戦略です。
競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(競争の激しい領域)」、競争の未開拓な市場を「ブルー・オーシャン(競合相手のいない領域)」とする考え方で、『ブルー・オーシャン』戦略は、自分の業界における一般的な機能のうち、何かを「減らす」「取り除く」、その上で特定の機能を「増やす」、あるいは新たに「付け加える」ことにより、それまでなかった企業と顧客の両方に対する価値を向上させ「バリューイノベーション」を生み出すことができます。

弊社は、検査(インスペクション事業部)・環境(環境・移設・設備事業部)・医療(ライフサイエンス事業部) の3つの部門から成り立っています。
検査部門では、高解像度カメラ、高品質レンズと信頼のソフトでお客様のニーズに答え、環境部門ではお客様の作業環境を改善させるべく空気清浄器を筆頭に、設備メンテナンスなども含めた総合的なご提案をさせていただいています。
医療では、不妊治療向け受精卵培養監視装置の開発を行い、昨今の不妊治療現場の問題の解決に取り組んでいます。

2013年には超小型高輝度LED光源を開発。他社にある一般的なLED光源よりも大幅に小型化され、かつLED光源としての明るさは世界最高クラス。
光源の明るさに不満のあったお客様の願いを叶えるこの商品は、数多くの現場に導入されることになりました。

現在取り組んでいる新規事業としましては超小型受精卵培養監視装置の開発です。
現状不妊治療現場では、監視装置が大型で高価なうえ、一度培養装置から取り出し、人の目で観察を行っている事に着目。今までのカメラ、レンズを取り扱ってきた技術と経験を活かし、小規模な医院にも導入可能な、小型・低価格でかつ、カメラによる外部からの観察と、受精卵の状態の正確な判定ができる独自の受精卵培養監視装置の開発を近畿大学と連携し、2016年に開始します。
この事業計画は「認定地域活性化総合医療特区計画」の事業者として内閣総理大臣より推薦いただき、2016年に行われた滋賀県主催の『しがニュービジネスプランコンテスト』で優秀賞に選ばれました。

今後商品開発や技術だけにとどまらないサービスも開始します。
例えば、「この1サンプル製品の評価だけ行いたいが使い方から覚えないといけない」、「短い一定期間だけの使用だけなので購入するのは費用として負担が大きい」などの問い合わせを多く受けてきた当社は、2014年、当社が所有している機器を活かして『機器レンタルサービス』、技術と今までの知識と経験を活かして、『測定代行サービス』を開始します。このサービスの登場により、お客様に測定や調査といったものを気軽に安価でご依頼いただけるようになります。

2016年には、滋賀の本社を中心とし東京・名古屋・九州・大阪に拠点を設け、事業拡大を行ってまいります。